こんにちは!令話題e.com編集部の青島です!

カジノ誘致で批判が相次いでいる林文子横浜市長の悪態映像がツイッター上で拡散され物議を醸しています。
この行動に横浜市民も呆れ顔で、リコールを求める動きが加速しそうとのこと。

白紙から推進への経緯の裏には何があるのでしょうか…

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致表明をめぐり、横浜市が大揺れだ。カジノ誘致を「白紙状態」と訴え、一昨年3選した林文子市長の方針転換に市民は猛反発。22日に市役所で会見した林市長は報道陣の追及にイラ立ちを隠さず、終了後のペーパーぶん投げ映像がSNSで拡散され、ますます株を下げている。林市長のリコールを求める動きは加速必至だ。

報道陣の追求に苛立ちを隠せず…すりガラス越しに資料をブン投げか!?

2017年の市長選時の世論調査で「女性の8割以上がカジノに反対」「カジノより中学校給食の実現」との結果を受け、女性票に期待をしていた林氏はカジノ誘致に積極的賛成の立場から白紙というスタンスに切り替えたという。

安倍政権を支える菅官房長官の選挙区でもあり、子飼いといわれる林市長も国と横浜市民との板挟み状態でありイライラが募った挙げ句の今回の資料ブン投げだったのかもしれません。

林文子横浜市長の任期は令和3(2021)年8月29日まで残っているが…

「ハマのドン」こと藤木幸夫横浜港運協会会長は、「山下ふ頭は我々の聖地。命を懸けて反対する」と会見をしました。

藤木氏は、「顔に泥を塗られた」と林市長に不快感を示しながらも、「泥を塗らせた人がいることは分かっている」と、市長の背後にいる者と戦うことを名言。リコールを求める声には、林氏のことを「気の毒だ」とし、「リコールなんてさ。かわいそうだよ。あと2年きれいに有終の美を飾らせてあげよう」と、戦うべきはハードパワーであると話した。

林文子横浜市長のプロフィール・経歴

林文子(はやし ふみこ)

生年月日:昭和21年5月5日
主な略歴:
東京都立青山高等学校卒業
平成17年 株式会社ダイエー 代表取締役会長兼CEO
平成20年 日産自動車株式会社 執行役員
平成20年 東京日産自動車販売株式会社 代表取締役社長
平成21年 横浜市長(現在3期目)

ネットの反応

見えてないとでも思ったのか、会見終了後持っていた資料をぶちまける林文子横浜市長。カジノに対するこれが本音であり、そしてこれがこの人の本性か。

あくまでも山下埠頭は倉庫街であってね、ここにカジノを誘致して観光客を呼び込むような真似をするなって言いたいんだけど、その為にもね、横浜港湾のドンと言われる藤木企業の藤木会長にはね、何としてでもこの林文子の悪政を食い止めて貰ってね、この横浜をカジノタウン化しないようにして欲しいね。

横浜市長の林文子が、会見後スモークガラス?の向こうでブチ切れたように資料をぶちまけていた。ドン引きなんだけど。記者から分かる場所なのと、市の職員という身内とはいえ人の前で・・・。普段部下にキツく当たってるんだろうなと確信した。いや、マジでドン引き。

横浜市長の林文子が、カジノだまし討ちで記者会見で詰められたあと、すりガラスの 向こうで思いっきり会見資料打ち投げてる。 これが370万人を抱える、日本を代表する大都市の首長のすること⁉️ 記者会見でキチンと話せよ💢

報道特集のカメラマンのねちっこい撮影姿勢に感服。それにしても、林文子市長は公人の資質に著しく欠けるようだ。横浜市民は目を覚ましたほうがいい。

林文子さんってこんな方だったんですね。 びっくりしました。😱

経済活動の低迷はカジノで解決するわけではありません。財政問題から論点をすり替えてしまうのは浅はかな政策です。そしてIRと称してカジノ利権に奪われる犠牲が大きすぎます。絶対に日本には必要ありません。